車の運転免許を取るときには、自宅から通える教習所に行くか、地方へ免許合宿へ行くかの選択になります。免許合宿で免許を取るメリットはどこにあるのでしょうか。合宿免許の場合、免許取得のための期間が短いことが挙げられます。基本的に免許合宿に参加するのは都市部の学生の人が多く、夏休みや春休みなどの長期の休みを利用して免許取得ができるのです。また、地元から通う人たちよりも教習の予約を取りやすいこともあります。合宿の日数は2週間~3週間で、夏休みや春休みなどの長期の休み中は次々と合宿に来る予定が入っているのです。そのため、1日の上限まで教習の予定を入れて、予定通りに卒業してもらいたいのが自動車教習所の考えなのです。そのため、込み合う長期の休みに地元の人は教習の予約が取りづらくなります。費用が安いのも魅力です。教習所によっては往復の交通費付きで都市部の教習所に通うよりも安く上がるところがあります。さらに地方は都市部のように道を走っている車の数も多くないため、落ち着いて教習に集中することも可能です。これはおまけかもしれませんが、同年代の人たちと多く知り合うことができます。免許合宿では都市部から多くの人たちが集まります。普段で会えないような人たちに出会うことができ、しかも宿舎も自動車学校も一緒なので一日中一緒に生活していることになり、ちょっとしたことで仲良くなって卒業後も縁が続き、交際・結婚したという事例も多くあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です