自動車の運転免許を取得する場合、通常であれば自宅から通える自動車教習所に入校し、そこで学科、実技の講習を受けて卒業し、その後運転免許試験を受けて合格する必要があります。しかしこの方法であれば、確実に1ヶ月以上の期間が必要となります。早急に運転免許を取得したい人や、長期休暇時に短期間で運転免許を取得したい学生にとっては難しい問題です。しかし、合宿免許に参加することによって、短期間で運転免許を取得することが可能となります。この合宿免許は地方の教習所に泊まり込み(合宿)で通うというものです。一般的な教習所で受けるものと同じ内容の教習を短期間で受ける必要があることから、平日は朝から夜まで教習のスケジュールが詰め込まれることになります。そのため、基本的には合宿免許参加中には自由時間はありません。しかし、朝から夜まで教習を受けることによって、2週間程度での運転免許取得が可能となるのです。この短期間での運転免許取得こそが合宿免許最大のメリットであり魅力となっているのです。また、地方の交通量の少ない公道で実技教習を受けることになりますので、運転に慣れていない初心者にとっては落ち着いて実技教習を受けることができます。さらに料金の面についても、インターネットでの予約によって割引が適用される場合がありますし、シーズンオフに参加する場合には割安な価格で教習を受けることが可能となります。このように合宿免許は数多くのメリットを備えているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です