日本で自動車運転免許を取得するには、各都道府県に設置されている免許センターで筆記試験に合格する必要がありますが、運転試験に関しては免許センターでの一発試験にチャレンジするか、公安委員会認可の教習所で技能と学科の教習を学んで卒業しておく必要があります。
教習所は、近隣にあるタイプか地方に位置する合宿免許タイプ(近隣に住んでいる場合は通学になる)に分かれており、合宿免許の教習所は2週間前後で卒業できるスケジュールが組まれているので、技能教習や検定などを延長しない限りは3週間以内で免許取得が可能となっています。
地方の教習所は自宅から数十キロ~数百キロ離れている事がほとんどですので、数日分の旅行ができるような荷物を持参して合宿免許に参加するのが一般的となっており、支給上限はあるものの特急・新幹線・高速バスといった往復移動費用は負担してもらえます。
料金に関しては、学生が最も集中する期間の繁忙期である春休み・夏休みは割高(20万円台後半~30万円台前半)になっており、予約が数か月前に埋まる可能性もあるので、人気教習所に行く場合は早めの予約が肝心です。それ以外の期間は20万円前半の設定が多いので、長期休みが取れた場合は通ってみると良いでしょう。
合宿免許中に利用する宿泊施設は、教習所の送迎バスが行ける範囲内の提携ホテル・近隣アパート・教習所内合宿所が大半を占めており、合宿中は教習に集中できるようになっているので、朝から夕方までを教習・夜はリラックスタイムといった形にして過ごすと楽しく合宿が送れるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です